昔ながらの焼杉を外壁に使用するわけ

 田舎にいれば良く目にする焼杉の外壁。

文字通り杉板を焼いてできた外壁材である。

施工風景

私の地域では蔵の外壁によく使用されていて築50年でもまだ外壁として存在している。

弊社も焼杉の独特の存在感に惹かれて採用する住宅が増えてきました。お客様にも大変喜んでいただいています。

なぜ焼杉をおすすめしているのかですが、やはりその耐久性にあります。

田舎にとけこむ焼杉を見てみたいという方がおられましたらご連絡下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です