なぜ夏場 2階の部屋は暑いのか

これは夏の西側を撮影したものです。

壁に影が写っているのが分かると思います。窓に日射があたっていないですね。夏場の太陽高度は高く、逆に冬場は低くなります。

よく夏場に家に帰ると2階の西側の部屋がアツイ経験は誰もがされているんではないでしょうか。実際私も昔ながらの古民家に住んでいますが、エアコンをかけてもなかなか部屋が冷えず汗をダラダラかいて冷えるのを待っています。真夏なんかは冷えるどころか寝苦しい状態が続き不快な思いをしながら我慢しています。そうならないために雨戸などを閉めて日射を遮ろうとされる方もおられますが、それもかえって雨戸が熱をもち室内に熱線として伝えてしまいます。

ではどうすれば室内がオーバーヒートしないようにできる?のか。写真にもあるように庇をつけて日射を遮蔽することで解決できます。完璧に解決できるかと言えばそうは言い切れませんが、かなりの効果が見込めます。私の住む地域を見渡しても、ほとんど庇が設置されている家はないです。庇を窓の上に設けることによりもう一つ大きなメリットがあります。雨だれによる外壁の汚れを軽減できます。

シンプルに、夏の日射を完璧に遮ろうと庇を大きくすればいいのん違うの?ですが、冬場は日射を取り入れたら部屋は暖かくなるんですよ。

なので庇を設置するにしてもバランスが大切です。地域によっても日射の角度も変わります。その辺りを考慮して家づくりをしたいですね。夏も冬も素晴らしい温熱環境を手に入れましょう。

そのお手伝いをします。

masatake_imanishi
  • masatake_imanishi

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。