【設計2204】第二の人生で宿泊体験

こんにちは! 最近はお気に入りのラジオ局を聞きながら設計プランを考えることにはまっております。笑
さて今回も、[設計]に視点をおいてブログを更新していきます!

■敷地

敷地は、市内の住宅地の変形地で、手前には川が流れています。
敷地の条件は、市街化調整区域で北側に道路がある土地で、建蔽率60%容積率200%という敷地です。

■ご家族情報

そんな敷地にお住まい予定のご家族は、60代のご夫婦と30代の子ども1人です。
お施主様からのご要望は、駐車スペース1台以上、宿泊体験をやってみたい、とのことでした。
旦那様の趣味はDIYと魚釣り 奥様の趣味は料理と読書

■設計・動線

水廻りと客室を1階、LDKと子ども室とトイレを2階に配置しました。
駐車スペースはL字型に2台分確保し、1台分を使用しない時には旦那様のDIYの場所にもできます。
そのために外部収納は広めに取りました。 玄関の隣にSCLを設け、右に階段と客室、正面に水廻りを配置しましたが、玄関扉から真正面に洗面脱衣室の扉があるのはダメなので、目隠しの壁を設けました。 2階では主寝室を寝るためだけに使用するのは空間的にもったいないので、リビングと一体となるように配置しました。

■デザイン

東側と北側に屋根を流して道路から見たときの圧迫感を無くしました。 外壁は杉板縦張りとしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。